成行注文と指値注文

FXには様々な注文方法があります。その中で最もポピュラーなのが成行注文です。
成行注文は、常に変動し続けるその時々の為替レートで取引を行う時に出す注文です。つまり、取引レートを指定せず、その時点での為替動向を見ながら注文する方法で、実際にはFX会社に注文が到着した時点のレートで契約を成立させます。為替レートを見ながらすぐに注文を出せ、売買が確実に成立することがメリットになります。
指値注文は、市場のリアルタイムのレートよりも安いレートで買いたい、または高いレートで売りたい時に出す注文です。FX会社に前もって連絡して、自分の希望するレートで注文を出す注文方法です。この方法には、自分の考えている通りに為替相場が動かなかった場合、取引が成立するまで時間がかかるというデメリットがあります。ストップをかける指値注文もあり、それは損失を拡大させないために重要になります。


このページの先頭へ戻る